ヒビ*ノ*コト

ウレシイコト、タノシイコト、ムカツクコト・・・。 そんな日常の『ヒビ*ノ*コト』。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
あけましておめでとうございます
newyear2009.jpg

「手書きで!」と意気込んではみたものの、手書きだけでは間が持たず、
結局 大晦日の夜に家にあるものでバタバタと写真を撮って印刷してみたら
なんだかクリスマスカードみたいな年賀状ができました。
ガーリーな感じが いささかワタシには不似合いではありますが・・・(笑)

今年の年賀状は2パターン。
これの他に 先日なにげなく撮った写真に 
伊東屋で買ったおりがみとスタンプをコラージュした和風なモノ。
ちょっと今までとちがう試みで 私的にはそちらの方がお気に入り。
送る方の雰囲気にあわせて選んでみましたので
わたしから年賀状が届くと思われる方、どちらが届くかはおたのしみ です。
(スイマセン、きょう書いたので 届くのはいつのことやら・・・。)

そして 新しい年のはじまりに こんなことをお伝えするのも何ですが最近すっかり放置気味のこのブログを 本日をもって終了することにしました。
キリよく年末まで とすればよかったのですが
バタバタしているうちに 新年を迎えてしまいました。

いままで見てくださった方、コメントを下さった方 ありがとうございました。
(またいつか どこかでこっそり書くかもしれませんが・・・笑)
それでは お元気で!!
スポンサーサイト
2009/01/01(木) 20:26:29 | 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
手書きでいきます!


ここ数年は 花や雑貨の写真を撮っては せっせとつくっていた年賀状。
(2006年 → , 2007年 → , 2008年→ と、こんな感じ。)
来年の年賀状用にも あれこれ撮ってみたけれど、どうもピンとくるモノがなく、
いよいよタイムオーバーということで 何年ぶりかで手書きに挑戦することに。
とりあえず きょうの仕事帰りに 伊東屋にて『日本の色おりがみ』なるものを購入。
コレに手持ちのスタンプを組み合わせて さてさて どんなのが出来上がることやら・・・。
しかし2009年は もうすぐそこ。 急げーーー

↑の写真は先日撮って 最終候補だったボツ写真。
全部お蔵入りっていうのもさみしいので載せてみました。 
GIFT


無心に花を活けるのもたのしい時間だけれど
贈る方のイメージを思い浮かべて活けるのは よりたのしい時間なのです。

P1011326_20081211232054.jpg

この花はフェルト作家のみよしまさこさんへ。
(この花は みよしさんの作品のイメージ+ひつじたちのイメージ・・・かな。)
作品展のお祝いにしては ちょっと地味だったかな・・・と思いきや
ちゃーんと ぴったりな場所をみつけて 飾っていただけました。

081211_1452~01
「ほら!」

やさしい色あいのフェルトたちにかこまれて 花たちもうれしそうです。
ノロ休暇。
ノロウィルスにやられてました。(人生初)
まわりにうつしても困るし、もうずいぶんと ながい連休もとっていなかったので
「店は大丈夫よ。」という同僚のお言葉に甘えて
思い切って1週間、休みをとっていました。

つらかったのも最初の3、4日で (2日間ぐらいは のたうちまわっていましたが)
食欲はなかったものの寝ているほどではなかったので
ずいぶん前から 友人に頼まれていたものをつくりました。


三つ子ちゃん。

p1011282_20081130134502.jpg
むむっ、この穴は???

P1011285.jpg
ぴたっ。なるほど!!

P1011288.jpg
あったかマグカップホルダーでした。

明日から12月。
みなさま、暖かくしてお過ごしください。(うがい、手洗いはくれぐれもお忘れなく。笑)

P1011292_20081130134628.jpg
空き瓶をフェルトで包んで。花瓶も冬じたく。

京都でロイホ。
京都へ行ってきました。

081117_1541~01
「おいでやす~。」と私たちを出迎えてくれた京都の紅葉。
あえてカメラは持っていかなかったのに あまりの美しさに やっぱりケータイで撮影。


1泊2日のバタバタの駆け足の旅。
しかも1週間前に思い立って決行したので
やっとの思いでとってくれた新幹線は1時半過ぎに京都へ着き、
ホテルにチェックインで すでに2時過ぎというスロースタート。
081118_1231~01
超混雑でどうしても人が写ってしまう。「おじさん、どいてー!」 (常寂光時にて)

今回の旅の目的は モチロン紅葉だったので
できるだけ効率よくまわろうと作戦をねって
1日目の明るいうちに東福寺へ、
近場のいくつかのお寺はまとめて夜間拝観、
2日目は嵐山へ行く、という計画。
「晩ごはんは何にしようか?」とガイドブックを見ていたけれど
「まぁ、途中でいい店があればね。」という事で拝観を優先。
081117_1955~01
南禅寺のライトアップがいちばんキレイでした。

結構 時間に余裕をもっていたつもりなのに
夜間とはいえ、どこもすごい混雑ぶりで
バスが遅れていたり、渋滞していたりで、思いの外 移動に時間がかかってしまい、
永観堂、南禅寺、清水寺、高台寺とまわりおわったのは拝観終了時間の10時過ぎ。
モチロン近くで食事ができるようなところは開いてないし
かといって今さら四条あたりまででるのもね…って感じで
結局ホテルに戻り、目の前のロイヤルホストで遅~い晩ごはん。
081117_2048~01
清水の舞台から ぼんやりの京都タワー。

翌朝は友人が寺町にお気に入りのレトロな感じの珈琲店があるので
朝食はそこで、と言っていたのに、ふたりとも早起きできず、
嵐山に行くの、遅くなっちゃうね、って事で 結局ホテルで朝食。
帰る前に「せめてひとつくらいは京都っぽいものを食べよう!」と
抹茶味の甘味的なモノを 短時間でムリムリお茶で流し込む始末。
081117_1608~02
イサム・ノグチも絶賛(?)の 東福寺「八相の庭」の『北庭』。

そういえば、この友人とは以前一緒にパリに行ったときにも
5泊7日のうちに2度も讃岐うどんを食べに行ったんだったっけ。
パリのうどん屋で「まいど!」と言われてしまった私たちだから
京都でロイホもアリなのかも!?
いや、モチロン、「止むを得ず」ですけどね。
081117_1914~01
マーライオンではありません。(永観堂にて)

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。